プラセンタ療法

プラセンタ療法

胎盤エキス療法

プラセンタ療法イメージ

プラセンタとは胎盤のことです。妊娠中の母体はすべての栄養成分を胎盤を通して胎児に与えます。そして無事出産が終わると胎盤はその役目を終えて捨てられてしまいます。しかし、その捨てられる運命の胎盤の中には数々のタンパク質やミネラル、酵素、ビタミン、アミノ酸など数百種類の栄養成分がたっぷりと残っているのです。
プラセンタの特徴として「自然治癒力の増大」があり、体の不調を慢性化させない自然薬として注目を集めています。また、肝炎と更年期障害に対する保険適用が厚生労働省から許可されている副作用の少ない医薬品です。

治療法
最初の 1~2 ヶ月は、週に 1~2 回筋肉注射をします。効果が現れたら 1~ 2 週間に 1 回の注射を続けます。
料金
プラセンタ療法は慢性肝疾患および更年期障害の患者様は保険適用されますが、その他の方は自由診療となります。
初診料 2,820 円(税込み) プラセンタエキス 1 アンプル 2cc 1,850 円(税込み)
プラセンタエキス 2 アンプル 4cc 2,570 円(税込み)